Home  »  りえはは  »  「アミ 小さな宇宙人」

「アミ 小さな宇宙人」2009.04.01

三女と夫がすでに読んでいて、すばらしい本だと言うので、私も読んでみて、感動、感激でした!本当にこの本の中にある「世界中の人がこの本を読んだら、いっぺんに平和になるのに!」と思いました。

「なんとか戦争や人類の破滅から地球を救うよい方法はないか、宇宙人が力ずくで地球の権力をにぎり、地球の爆弾を消滅させ、人類に平和に生きるよう強制するのはどうだろう」と聞かれた小さな宇宙人アミが、こう答えます。「“力づく”とか“破壊する”とか“強制する”といったことは、みな、地球人や未開人のやることであり、暴力なんだよ。人類の自由とは、われわれにとっても他人にとっても、なにかもっとずっと神聖なものなんだ。一人ひとりにみな価値があり尊ぶべきものなんだよ。そして、暴力やむりやり強制するといったことは、宇宙の基本法を破ることでもあるんだよ」

「われわれは戦争はしない。なぜなら神を信じているからね。」「神はかたちはなく、無限の存在であり、純粋な創造のエネルギー、かぎりなく純粋な愛だ…」「だからこそ宇宙は美しく善良で、とてもすばらしいんだ」「愛がすべてなんだー」

私もUFOを見たことが二度あります。この話は次回に!是非ぜひアミを読んでみてください!

りえははINDEXに戻る