Home  »  りえはは  »  「もどってきたアミ 小さな宇宙人(第2刊目)」

「もどってきたアミ 小さな宇宙人(第2刊目)」2009.04.15

私のUFO目撃は今までに2度あります。
2度目は2008年5月、やはり富士の山荘で、満天の星空のもと富士山の右空に白い楕円のUFOが3機、ジグザグに動いていました。この時は夫を含め5人で目撃したのです。この時第一発見者のKさんには、その他たくさんのUFOや宇宙母船も見えたそうです。

アミの話は本当なのですよー!!もう読まれましたか?
まだでしたら是非ぜひ読んでくださいね。私は2刊目を読んでまたまた感激しています。表紙の絵や挿絵を描いているさくらももこさんも絶賛され、「何度もくり返し読んで、そして、お友達や家族にもすすめて下さい」と。

この中のことば「愛を手に入れるには、愛が感情ではなく、存在であるということを知ることだ。愛とはなにものかであり、実在している。生きている精神である。だから、われわれの中でめざめるとわれわれに幸福を、そしてすべてのものをもたらすもの―。」
「どうやったら愛に来てもらえるか?まずそれが存在していることを信じることだ(なぜなら目には見えない。感じるだけだから―人によってはそれを神と呼んでいる)。そのあとで奥底にある住まい―ハートに探すことだ。」「もうわれわれの中にいるから呼ぶことはない。来てもらうように願うのではなく、出るように自由にさせてやる。与えてやることだ。愛は求めるものではなく、与えてやるものだ。どうしたら愛が手にはいるか?愛を与えることによって 愛することによって」

それからアミは"永遠のいのち"を教えてくれた。"魂は永遠"だということを。私もりえ自身やたくさんの方々から教わった。そのことを、とても分かり易く叡智と愛で教えてくれたアミ。ありがとう、ありがとう!

三女の希世が、りえとの個展『光のメッセンジャー』を別記の通り催します。どうぞお立ち寄りください(りえの本、Tシャツ、バッグなどの販売もいたします)。アミもきっと応援してくれていると思います。愛と平和を伝えるために。

りえははINDEXに戻る